【賭け事は得意?】噂のギャンブラーを見た評価や感想【映画】

ブルース・ウィリス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの共演で贈るギャンブル・エンタテインメント。ストリップダンサーのベスは、ひょんなことからスポーツブックを生業とする噂のギャンブラー・ディンクたちのアシスタントをすることになり…

噂のギャンブラーのあらすじ

ベス(レベッカ・ホール)は個人客専門のストリップダンサーをしていたが、ひょんなことからスポーツブックを生業とする噂のギャンブラーのディンク(ブルース・ウィリス)達のアシスタントをする事に・・・

彼女は徐々に才能を発揮しスポーツブックにのめり込んで行く。

そしてベスは、仕事だけの関係では無くディンクに魅かれていくが、ディンクには妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)が居り関係は上手くいきそうで行かない。

ある日、ディンクはベスに関係を断ち切ると告げる。

その後ディンクは負け続け、資金も上手く回らなくなり仲間をないがしろにしてしまう。

一方、ディンク達の元を離れNYの違法スポーツブックに手を出してしまったベスは、ジャーナリストのボーイフレンド(ジョシュア・ジャクソン)を巻き込み逮捕されそうになる

助けを求めるベスの元にディンク達は再び集結するのだが・・・。果たしてベスを助ける事は出来るのか?!




噂のギャンブラーの女優レベッカ・ホールの他出演映画は?

プロフィール

名前:レベッカ・ホール

国籍:イギリス

生年月日:1982年5月19日(36歳:2019年現在)

他出演作:BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント、ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密、ザ・ギフト、トランセンデイスなど

噂のギャンブラーでヒロイン役のベスを演じた彼女は舞台演出・映画監督の父とオペラ歌手の母の元に生まれました。
92年に父が演出した作品:The Camomile LawnでTVデビュー。
2006プレステージにて新人賞を受賞する。
その後もコンスタントに映画やTVシリーズに主演をしている。

噂のギャンブラーの評価・総合点

主のオススメ度:★★☆☆☆

面白度:★★☆☆☆

演技力:★★★☆☆

演出:★★★☆☆

物語:★★☆☆☆

俺的採点は25点満点で12点でした!

この作品は好き嫌いがはっきり分かれるんじゃないでしょうか?

見終わったときの最初の感想としては「評価難っ・・・」と言うものでした。

噂のギャンブラーは実話を元にした作品なので創造物のような「アッ!」と驚くような展開がありません。

そもそもスポーツブック(ブックメーカー)って何ぞや?と言うところから始まります。

日本には全くなじみがないですよね。

スポーツブック(ブックメーカー)とは?ざっくり言うと賭け事。

阪神対巨人どっちが勝つ?とか那須川対メイウェザーどっちが勝つ?

何対何?何R?とか細かいところまで賭けることが出来ます。

競馬と思ってもらえばイメージしやすい。

この海外と日本の違いがあるためすんなり作品に馴染むことが出来ませんでした。

ですがブルース・ウィリス、レベッカ・ホールのさすがの演技で楽しませてくれます。

※あくまで私個人の採点になります。目安程度に参考にしてください。また画像使用に関する意義申し立て、警告はお手数ですがawkmgmovie@gmail.comにお願いいたします。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です