シークレット・ウィンドウはどんな映画?【ジョニーデップ】

今回は若きジョニー・デップが演じる「シークレット・ウィンドウ」についてまとめて行きたいと思います!王道を行くミステリーサスペンス映画です!

シークレット・ウィンドウのあらすじ

ベストセラー作家で地位を手に入れミシシッピの外れで暮らすミステリー作家のモート・レーニー(ジョニーデップ)のもとにある日突然ジョン・シューターと言う中年男性が現れる。

俺の小説を盗作したなレーニー(ジョニーデップ)先生

人気作家のモート、ただのストーカーだと思い、軽くあしらってしまうがシューターが帰り際においていた原稿を見てモートは唖然。

それは以前モートが仕上げた小説「秘密の窓」にあまりにも酷似しているものだった。

シューターは「俺の名前で出版し直せ」と言いその場を立ち去る。

そして、その日からモートは不可解な事件に巻き込まれていく・・・




シークレット・ウィンドウを手がけた監督デビッド・コープとは?

プロフィール名前:デビット・コープ(David Koepp)

生年月日:1963年6月9日 (55歳:2019年現在)

国籍:アメリカ合衆国

1988年にアパートメント・ゼロの脚本・製作を手がける。

1996年記憶に新しい映画「ミッション:インポッシブル」の脚本をし、その名を轟かせる。

同年、自身初となる監督作「トリガー・エフェクト」を発表した。

そのほかにもロストワールド:ジュラシック・パーク、インディジョーンズ/クリスタル・スカルの王国、メンインブラック3などさまざまな作品の脚本を担当している。

シークレット・ウィンドウの評価・総合点

主のオススメ度:★★★★★

面白度:★★★★★

演技力:★★★★★

演出:★★★★★

物語:★★★★☆

俺的採点は25点満点で24点でした!

今まで見た映画の中で5本の指に入るオススメ作です。

最後まで息を呑む展開でハラハラさせられます。

レンタルビデオ店でも旧作の作品なのでお手ごろな値段で見れる名作です。

見るものに困ったら是非レンタルしてみてください!

 

※あくまで私個人の採点になります。目安程度に参考にしてください。また画像使用に関する意義申し立て、警告はお手数ですがawkmgmovie@gmail.comにお願いいたします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です